営業と聞いて、どんな方法が思い浮かぶでしょう。DMなど郵便物を企業や顧客に直接送ることや、Eメールを利用するなどさまざまな営業方法がありますが、その中でもfaxを利用して営業を行なうfaxdmは、営業効果が高いと話題の広告媒体です。このfaxdmは、他の媒体に比べ安いコストで営業を行なうことができ、時間と手間を省くことができますが、それにはどういった理由があるのでしょう。faxdmはfaxを利用して営業を行ないますが、郵便を利用したDMに比べるとかなりコストを抑えてダイレクトメールを送ることができます。それは、1枚の広告を1回で多くの企業や顧客に送ることができるからという理由があります。また、EメールやDMのように、送った相手に開封してもらう必要もないため、広告となる文章をすぐに相手側が確認することができます。

faxdmを安いコストで行なう方法

faxdmを行なうには3つの方法があります。1つ目は自社でfaxdmを行なう方法で、自社が持っているfaxを利用して複数の企業に営業をかける方法です。自社でfaxdmを行なうので、安いコストで営業をかけることができるメリットがありますが、faxの前で張り付いて送り続けなければならないため、時間と手間がかかります。2つ目も自社でfaxdmを行ないますが、先ほどの方法と違い、パソコンを使ってfaxdmを行います。fax送信ツールソフトを自社のパソコンにインストールしてパソコン上でfaxdmを送信することができるため、時間と手間を省くことができるメリットがありますが、コストは高くなってしまいます。最後にfaxdmの代行業者を利用する方法です。自社でfaxdmを行なう必要がないため手間がかからず、コストも抑えて営業をかけることができます。

コストが安いfaxdmで営業効果はある?

faxdmの代行業者を利用することで、コストを抑えながら手間もかけずに営業をかけることができますが、安いコストのfaxdmでも営業効果を高めることができるでしょうか。代行業者を利用し更にコストを抑えたいときには、faxを送信する企業や顧客のリストを自社で用意するといいでしょう。自社で用意すればその分代行業者に安くfaxdmを依頼することができます。しかし、自社でリストを用意した場合、企業や顧客の幅が狭くなってしまう可能性もあります。そこでコストを抑えつつ営業効果を高めるために顧客の幅を広げる方法として、リストをレンタルする方法があります。リストをレンタルすれば、faxdmを送信するときだけ幅広い企業や顧客に営業をかけることができ、リストを購入するよりもfaxdmを安いコストで利用できます。営業効果の高いfaxdmを安く利用したいときは、リストのレンタルを検討しましょう。

原稿は白黒でいいので、郵送DMと比べても制作はずっと簡単。 市場のリアルな動きに合わせて、すぐに広告が出せるのがfaxdmの強み! 配信時間や原稿の内容など、一番効果的なfaxdmの利用法をアドバイスします。 郵送DMが60~100円かかるのに比べて、faxdmは1/10のコストです。 長所・短所を知り尽くしたネクスウェイが、貴社をサポートします! faxdmを安い単価で活用する手段を紹介