ダイレクトメールは不特定多数の客に会社の商品を売り込む手段としては、いい方法です。その中でもfaxによるダイレクトメールは単価が安いので、専門の業者が多数存在しています。faxを備えている会社であれば簡単に送信でき、リピート率が高い商品を販売している会社の販促にはピッタリの広告です。faxdmは安いからといって簡単に業者を決定してはいけません。業者によりサービスが違うので、数社は比較してみましょう。そして、安くてその他のサービスが追加料金を払わなくても付いている業者を選びましょう。例えばプロの手による原稿のアドバイスや、法人リストを無料で使わせてもらえるかなどが挙げられます。また、クレーム対応の代行など、色々なアフターケアがそろっている業者は後々考えると安くてお得にfaxdmを利用したことになります。

返金対応しているfaxdmを選ぶことも安い業者を選ぶコツ

業者によっては無料のオプションを設定している場合があります。faxdmを送信後、送信結果をレポートにして連絡してくれ、未着分の返金に対応している業者があります。また、到着課金制を採用していて、到着分のdmだけに料金を掛けている業者もあります。到着分だけの課金はロスがなく、より安い金額でfaxdmが利用できます。新商品などでリピートしてfaxdmを利用したい場合は、リピーター価格を設定している業者もありますので、取引が長く続く予定なら、より安い料金と、無料でのサービスをよく検討したうえで利用しましょう。自社にfax情報が少ない場合、業者で把握しているfax番号情報を無料で利用できる業者があります。業者により情報数に違いがありますので、自分の会社の規模に見合った情報が無料で利用できるfaxdm会社を利用すると、情報収集の時間の無駄がなく、便利です。

あらかじめ見積もりを取って信頼できる業者を選ぶ

多数のfaxdm業者の中から選ぶことは大変ですが、販促などは1度きりということは少ないはずです。次回仕事をお願いしたいと思っているのなら、信頼できる業者を選ぶことが肝心です。faxdmの注文前に見積もりができる業者を選んで、請求書で納得できる金額の業者にしましょう。faxの原稿に自信のない人は、業者のテンプレートを無料で利用できる業者を選んで、広告のプロのアドバイスがもらえる業者だと、安心してfaxdmの送信ができます。そして長年実績のある会社のほうが無難でしょう。業者選びを先行してじっくり行うと、安い料金でfaxdmを送信できたという結果になるでしょう。先走ってどこでも安いからと1枚の料金だけで決めると、高くついて後で失敗したという結果になる場合もあるので、注意しましょう。